土地の「利用」と「筆」の単位が異なる場合の生前対策法セミナー

このセミナーは終了いたしました。
収録DVDをこちらからご購入いただけます。

相続税申告や遺産分割・売却に必須の知識を徹底解説!

不動産所有者の顧問先、また相続実務をしていると、

土地の「利用単位」「筆の単位」が異なるケースに遭遇します。

現況利用による「自用地」や「貸家建付地」などの土地の利用単位と、
所有権(筆)の単位が異なるケースは、実務上非常に多くあります。

例えば、一筆の土地に、「自用地」「貸家建付地」「貸宅地」が混在しているケースです。

このようなケースであとあと問題になるのは、
【土地の利用単位ごとに遺産分割や売却をすぐにはできない】という事実です。

そのため、不動産の重要な生前対策として、
土地の「利用」<「筆」の単位を整理しておくことが必須となります。

〇自用地は長男が相続
〇貸家建付地は次男が相続
〇貸宅地は第三者へ売却

これらを10ヶ月以内にスムーズに行うためには、
事前・生前対策としての整理を行っておく必要があるのです。

本セミナーでは、税理士・会計事務所に寄り添う不動産のプロ、
株式会社ファルベの石川代表にご登壇いただき、
相続税申告のみならず、遺産分割・売却には必須の知識を解説いただきます。

ぜひ、ご受講ください!

トピック

1土地評価の単位~相続税財産評価~
2筆の単位と利用の単位

講師プロフィール

石川真樹 (いしかわ まき) 株式会社ファルベ 代表取締役
石川真樹 (いしかわ まき)

宮城県石巻市出身。
宮城県石巻高等学校(高校3年時、全国高校ラグビー大会花園出場)、
早稲田大学社会科学部、東京理科大学第二工学部建築学科卒業。
1997年 大手不動産鑑定会社入社、不動産鑑定・不動産コンサルティング業務に従事。
2003年~セミナー事業部最高責任者、2007年~不動産コンサルティング部・セミナー事業部兼任取締役。
2014年 相続専門の不動産コンサルティングファームの㈱ファルベを設立。
これまでに培ってきた幅広いネットワークを活かし、
人と人との「つながり」に重点を置いた不動産相続コンサルティング事業を展開。

開催情報

日時

2019年9月3日(火) 18:00~20:00(開場17:30)

会場

株式会社KACHIELセミナールーム01

〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 6階
地図

料金

一般:5,000円(税別)
質問会会員:無料

税務特化型不動産質問会の方のみ無料となっております。
こちらの会員様は無料でご受講いただけませんのでご注意ください。

最低開催人数

10名

※最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので予めご了承ください。

本セミナーにつきまして

ご参加頂きました方の個人情報につきましては弊社及び、株式会社KACHIELと日本中央研修会の商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。